会社設立、経営コンサルティング、
資産運用までをトータルアドバイス
静岡県静岡市葵区の稲葉・高橋税理士法人

静岡市の税理士 稲葉孝ブログ 稲葉孝の得する税務講座

静岡の税理士 稲葉孝の得する税務講座 » 稲葉会計事務所からのお知らせ

緊急!! 相続税対策セミナー

来年1月からの相続税大増税に向け、特別セミナーを開催いたします。

今回はお聞き逃しのないように以下のように日程を設定させていただきました。

各回3回ずつ同じ内容で行いますのでご都合の良い日にお越し下さい。

参加費は無料です。

お待ちしております。

    場所   稲葉会計事務所 会議室 
      (静岡市葵区昭府1-21-23  054-271-1300)

    内容   第1回  相続税の概要と今回の改正点
          第2回  相続対策1 気をつけなければならない相続常識の嘘
          第3回  相続対策2 節税策とその思わぬ落とし穴

    日程   第1回  相続税の概要と今回の改正点 
           11月13日(木) 11:00~12:00
           11月18日(火) 19:00~20:00
           11月26日(水) 19:00~20:00

          第2回  相続対策 その1
           12月 2日(火) 19:00~20:00
           12月 4日(木) 11:00~12:00
           12月12日(金) 19:00~20:00

          第3回  相続対策 その2
           12月15日(月) 11:00~12:00
           12月16日(火) 19:00~20:00
           12月19日(金) 19:00~20:00

事務所からのお知らせ

 8月はカレンダーどおりで営業しております。
 
 ただし、交代でお休みをさせていただいておりますので、時間帯によっては留守になっていることもあります。

 電話に出られない場合もありますので、メッセージをいただければ、こちらからご連絡いたします。
 
 ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

経営支援セミナー 2013 開催のお知らせ

 26年4月からの消費税増税に向け「経営者としておさえておきたい消費税増税対策」と銘打ち経営支援セミナー2013を開催いたします。

  日 時  11月18日(月)18:30~

  場 所  静岡大同生命ビル 5階会議室

  参加費  無料

   担当からご案内させていただきます。

   ご興味をもたれた方は、当事務所にお問い合わせください。

   知らなかったでは済まされない消費税についてのお話をさせていただきます。 

職員募集のお知らせ

当事務所では新規職員を募集しています。

転職、新卒、第二新卒どなたでも結構です。 

 試験案内
 
   9月6日(金) 午前9時~    当事務所にて採用試験を行います。

   会計事務所でお仕事をしてみたいと思われている方は、まずお電話下さい。

   お電話受付時に応募要領をお伝えします。

   電話受付締切   8月23日(金) 午後5時   

   応募締切      8月27日(火) 書類必着

   第一次       書類選考(結果は8月末までにお送りいたします)

   第二次       筆記試験(一般教養)及び面接  (書類選考に合格した方のみ)

ご応募お待ちしております。

※ 今回の募集は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。
 

借入金のお話 その168

 経営改善計画の内容とその作成手順の話をしています。

 今回は「成功の条件」の中の経費の削減についての続きです。
 

 役員報酬の減額を役員借入金を使って行う、という話をします。
 
 経営改善計画を立てる会社、ということはあまりうまくいってない会社、ということですから、資金繰りが苦しいときなど、社長が自分のお金を会社に貸し付けている、ということがよくあります。
 
 そしてそのお金は実際はなかなか返せないですし、元から返してもらうつもりなどない、ということも多いと思います。
 
 その場合次のような手があります。
 
 まず役員報酬を下げます。

 例えば月50万円だった役員報酬を一気に月20万円に下げてしまいます。

 そしてその減額分を役員借入金の返金という形で支払うのです。

 経理的には役員報酬という経費を20万円支払い、役員借入金という負債を30万円減額していく、ということになります。

 実際に支払われるのは今までおと同じ50万円です。

 逆に正確にいうと所得税の対象となるのは役員報酬の20万円分だけですから役員貸付金を返済してもらう30万円についての所得税分は手取りが増える形になります。