会社設立、経営コンサルティング、
資産運用までをトータルアドバイス
静岡県静岡市葵区の稲葉・高橋税理士法人

静岡市の税理士 稲葉孝ブログ 稲葉孝の得する税務講座

静岡の税理士 稲葉孝の得する税務講座

借入金のお話し その227

 借入を有利にする為に作成する経営計画の内容とその作成手順の話しをしています。
 その中に成功の条件、という項目がありますが、そこに経費の削減策を書いていきます。それを受けいろいろな経費につきどんな削減があるのか、という話しをしています。

  今回は通信費の続きで従業員が使う携帯電話の話しです。
 
  前回にも書きましたが、中小企業の場合は個人所有の携帯を使用した場合はその分を会社に請求して精算する、というパターンが多いのだと思います。
 いつ、どこに、いくらかけたか、ということですね。
 かかってきた場合は通話料がかかりませんのであえて使用料のようなものを支払う事はしないのが普通です。
 
 さて、上記のような精算をしている場合問題となるのは金額です。
 言い値、というところが多いように思いますが.結構金額がはる場合は電話会社が発行する明細書を出させるのがしょう良いでしょう。
 明確な数字が出ますので会社の経理からしても、税務署が見ても問題となることはないでしょう。
 その場合記載されている架電先については、相手の会社名を記載しておく必要があります。

図書館で

 最近たまに小2の息子と一緒に市立図書館に行っています。

 息子は「かいけつゾロリ」シリーズや「キャベたまたんてい」シリーズが好きで、面白い本があれば2時間でも3時間でも読み続けています。

 私も図書館では普段あんまり手にしない本を読むのですが、今回面白かったのが「12歳の文学 第8集」。

 これは日本で唯一の小学生限定の文学賞の受賞作をまとめたもので、大賞受賞した作者は小学5年生と4年生!初めはちょっと立派な作文か日記ぐらいかなと思っていましたが、いやいやとんでもないしっかりと小説になっていました。

 特に良かったのが大賞を受賞した「Dランドは遠い」。

 卒業前に友人とテーマパークに行きたいのに家が貧乏でいけない話を明るく書いた話で、短編ですが表現がすばらしく、とても小学4年生が書いたとは思えない面白さでした。

 ちょうど今第9回の賞も発表されたようなので、本になったら読んでみたいです。

    担当はこんな短いコラムも書くのに四苦八苦している39歳の杉山でした。

 借入金のお話し その226

 借入を有利にする為に作成する経営計画の内容とその作成手順の話しをしています。
 
 その中に成功の条件、という項目がありますが、そこに経費の削減策を書いていきます。

 それを受けいろいろな経費につきどんな削減があるのか、という話しをしています。
 

 今回は通信費の続きで従業員が使う携帯電話の話しです。

 従業員が持つ携帯電(今ではスマホが普通かもしれませんが私の話の上ではまとめて携帯とします。)は主に2種類あります。

 1つは自分の所有物であるものを仕事で使っている、というもの。

 そしてもう1つは会社側で用意して貸し付けている、というもの。だいたい中小企業は前者、大企業は後者が多いようです。
 
 うちの事務所は前者、つまり個人所有の携帯を仕事で使っている、という状態です。

 特に管理はしていませんがもし仕事で必要性が生じ自分の携帯を使用した場合は事務所に対して簡易な請求書(支払証明書又はそれに代わるもの)を提出して承認を受けた上で支払を受ける、という形になっています。

 とはいえそこそこ面倒なのでちょっと使った位ではあえて精算しない、という人も多いのが現実です。
 
 今は昔に比べて電話料もかなり下がりましたからね。

選挙

 4月12日は、統一地方選挙でした。投票には行かれましたか?

 私は正午ちょうどに子供も無理矢理連れて近所の公民館へ散歩がてら行ってきました。

 正午の投票率は男性400人、女性400人で19%でした。

 年々投票率は、下がっているようです。

 私ももし今日のように雨が降っていて寒かったら行かなかったかも…
 
 国民の義務は果たさなければいけません。

 とりあえず市長選も、県議選も私が投票した方は当選しましたので、無駄にはならず良かったです。
 
          岩村

借入金のお話し その225

 借入を有利にする為に作成する経営計画の内容とその作成手順の話しをしています。

 その中に成功の条件、という項目がありますが、そこに経費の削減策を書いていきます。

 それを受け色々な経費につきどんな削減策があるのか、という話をしています。

 今回は通信費の続きです。
 前回まで電話やメールの話をしてきましたが電話といっても現在は2種類あります。
 固定電話と携帯電話です。

 今はまさに携帯電話全盛時代で個人の家などではすでに固定電話が無い家なども増えているようです。
 とはいえ会社の場合はほとんど固定電話があると思います。
 その固定電話を何らかの形で管理している、という会社はあまりないと思いますが、携帯電話はいかがでしょうか。

 まず社長が持ち歩いている携帯電話はいかがですか。
 実は一番しっかり管理しなければいけないのが社長の電話のような気がします。
 公私混同が起きやすいですからね。
 でも社長の電話をしっかり管理している会社はあまり聞きません。

 それでいいとは言いませんが、とりあえず従業員が持つ携帯電話のことを話していきます。