会社設立、経営コンサルティング、
資産運用までをトータルアドバイス
静岡県静岡市葵区の稲葉・高橋税理士法人

静岡市の税理士 稲葉孝ブログ 稲葉孝の得する税務講座

静岡の税理士 稲葉孝の得する税務講座

借入金のお話し その233

 借入金を有利に行う為に作成する経営改善計画の内容とその作成手順の話しをしています。
 経営改善となるとどうしても経費削減という話しが出てきます。
 それを受け色々な経費項目につきどのような削減策があるのか、という話しをしています。
 
 今回は水道料の続きです。
 
 当事務所の関与先で製造業の会社があります。
 
 ただしちょっと脱線して巷で言われている節水のうわさを検証しようと思います。
 
 私もその道のプロではありませんので真偽の程は保証しませんが・・・。
 
     うわさその1 少しずつ水を出すとメーターが動かない
     
            ・・・嘘です。
              そんなことはありません。
              今の機械は精密です。
 
     うわさその2 風呂の残り湯はバイ菌だらけ
            
            ・・・まんざら嘘ではありませんが、体についていたバイ菌ですからほとんど
              気にする必要はありません。
              さすがに、風呂の残り湯を飲用するのは止めた方が良いと思いますが・・・。
 
     うわさその3 トイレのタンクにペットボトルを入れて節約
            
            ・・・節水になるものとならないものがあるようですが、いずれにしても
              トイレタンクは物を入れるようにはできていないため(想定外です)
              故障につながりやすくなってしまうようです。
              節水による節約より修理費の方が高くつく事が多いそうです。

すごい炊飯器

 先日新しい炊飯器を購入しました。

 この炊飯器お米の銘柄にあわせて美味しく炊いてくれるすぐれものです。

 なので対応する銘柄は32種類もあるのです。

 知らない銘柄もたくさんあります。

 コシヒカリも魚沼産と他のコシヒカリと分かれるのです。

 もう驚きです。

 しかも事前にお米を浸水しておかなくても研いですぐに美味しく炊けます。

 しかし私は以前の炊飯器と新しい炊飯器で炊いたご飯の差がよくわからないのです。

 宝のもちぐされです。
 
         味オンチな増田です。

ホイケ

  7/4に趣味で習っているフラダンスの発表会「ホイケ」がありました。

 今年は3年に一度の大きな発表会で市民文化会館で行われました。

 全部で6曲に出場しましたが、大勢で踊る曲は気が楽ですが、一番初めに出場した少人数で踊るクラスの曲では緊張で足と手が震えているのがわかりました。

 それまでに、みんなで何回も何回も練習してきましたが、やはり本番は緊張しますし、間違えてしまいました。
 
 それでも、楽しく無事に終えることが出来ました。

 前回も見に来てくれたお友達や次男のお嫁さんには前よりすごくうまくなったと言っていただき嬉しかったです。

 ホイケに向けて2ヶ月間トレーニングジムに通い低糖質ダイエットをしてきましたし、フラの自主練や合同練習などあり過酷な日々をこなしてきたので本当に頑張ったと思います。

 ダイエットも9キロ体重を落とすことが出来ました。

 みんなと力を合わせて頑張る事が出来ましたし、仲間がいる事、目標がある事は素晴らしいと思います。

 また、来年もホイケはありますが、さらに上手になりたいですし、3年後の大きなホイケでまた頑張りたいと思います。
 
 せっかく落とした体重も戻らないように頑張りたいです。

             以上今回の担当は伊藤でした。

暑い

  2015_8_4 前田写真

 夏です!!

 暑いです!!!
 
 暑いです!!!!     

 倒れそうです!!!!!

 という感じで、猛暑でとても暑さに苦しんでいます。

 そんな暑い夏を乗り切るには、クーラーは必需品。

 ちょっと前までは、原子力発電が停止しているせいか「節電をしないと大規模停電する」なんてニュースでやっていましたが、今はまったく目にしませんね???

 太陽光発電が充実してきたせいでしょうか?

 どんどん発展して、夏の発電の50%位は太陽光という時代が来てほしいですね!!

 その時代に生きていないかもしれませんが・・・

 こんな暑い夏なので、熱中症で倒れる人が急増しています。

 水分補給と一緒に塩分補給も必要らしいですよ。

 気を付けて夏を過ごしましょう。

         夏が最大の敵の   前田  でした。

借入金のお話し その232

 借入金を有利に行う為に作成する経営改善計画の内容とその作成手順の話しをしています。経営改善となるとどうしても経費削減という話しが出てきます。

 それを受け色々な経費項目につきどのような削減策があるのか、という話しをしています。
 

 今回は水道料の続きです。
 
 当事務所の関与先で製造業の会社があります。
 
 ほぼ水を使いっぱなしという仕事だったのですが、やはり水道料がばかにならない金額になっていました。

 そこで蛇口を改良し水量が少なくなるようにしたのです。

 いくら「節水しろ」と言っても従業員は思いっきり蛇口をひねるので元から出る量を減らしてしまったんですね。
 
 それによる仕事の支障は全くありませんでした。
 
 しかし、水道料は確実に抑えることができました。
 
 実に年間80万円もの節約につながったのです。
 
 はっきり言って「水道料を抑えることができませんかね」という当事務所の指摘を受け専務が考え出した技でした。
 
 出る量を元から減らす、というのは私にとっても目からうろこの方法でした。